気仙沼の天気を確認2021年09月26日(日)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

地域通貨加盟店マップ作製

エネルギー開発がリネリア加盟店マップ
エネルギー開発がリネリア加盟店マップ

地域通貨加盟店マップ作製

 気仙沼地域エネルギー開発(髙橋正樹社長)が、地域通貨「リネリア」に加盟する店舗をまとめた「森の通貨リネリア加盟店マップ」を作った。市内の135店舗が写真やイラストとともに紹介されている。
 同社がつくった地域通貨「リネリア」は、市内の加盟店舗で使える金券。再生可能エネルギーを地産地消している同社は、林業家から間伐材をバイオマス燃料として買い取っており、その半額を地域通貨で支払っている。市内で経済を循環させる仕組みだ。
 マップは、リネリアが作文コンクールの景品や、遠方への贈り物などに使われるケースが増えたことから、市内外の人でも加盟店が分かるように―と作製した。
 A3判の折りたたみ式で、3千部作製。地区ごとに店舗の写真と住所を掲載している。飲食店やスーパー、生活用品など、カテゴリー別に色分けしている。
 同社は「マップにより、リネリア加盟店にアクセスしやすくなる。現金ではなくリネリアを使ってもらうことで、地元の応援にもつながる。手に取ってもらうことでリネリアを知るきっかけにもなれば」と話している。今後、加盟店に順次置いていくという。