気仙沼の天気を確認2021年10月26日(火)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

定置網にメジ200匹

定置網で取られたメジマグロ
定置網で取られたメジマグロ

定置網にメジ200匹

 気仙沼魚市場に4日、定置網で漁獲されたメジマグロ(本マグロの幼魚)213匹が水揚げされた。200匹以上にまとまるのは昨年7月以来。黒光りする魚体が北売り場構内にずらりと並んだ。
 水揚げしたのは本吉町大谷沖の三丁目網で、この日午前5時30分ごろに起こした網に入っていた。重さは1匹6~16・6キロ。買い受け人らは「こんなに揚がるなんて珍しい」「台風の影響だろうか」などと話していた。
 入札による取引価格は1キロ当たり1110~829円。刺し身向けとして鮮魚出荷されるなどした。
 この日は定置網のカツオ616キロも水揚げされた。3キロを超す「大」サイズが主体。定置網でカツオがまとまるのは珍しく、買い受け人は「ばんじょう籠に入れられて数匹が並ぶことはあるが、タンクにいられたのは初めて見た」と話した。