気仙沼の天気を確認2021年10月26日(火)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

松岩保育所でバケツ稲刈り取り

「バケツの稲」を収穫
「バケツの稲」を収穫

松岩保育所でバケツ稲刈り取り

 気仙沼市立松岩保育所(熊谷夕子所長)の子供たちが4日、バケツで育てた稲の刈り取りに挑戦した。
 「バケツ稲づくり」は、米が食卓に上がるまでの流れを学ぼう―と今年、年長組の10人が初めて取り組んだ。5月に植えた後は水管理も行い、すくすくと伸びる様子を観察しながら収穫を待った。
 子供たちは、黄金色になった稲をはさみで1本ずつ切り取り、「すごく長い」「(実が)たくさん付いている」などと喜び、友達や先生に自慢げに見せていた。
 今後、稲を干し、手作業での稲をしごき、米つきも体験するという。佐藤那伎君は「顔くらいまで伸びていて、刈り取るのが面白かった。大好きなおにぎりにして食べたい」と喜んだ。