気仙沼の天気を確認2021年10月26日(火)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

歌津中生がハマーレの魅力動画撮影

ハマーレの魅力を動画に収める
ハマーレの魅力を動画に収める

歌津中生がハマーレの魅力動画撮影

 南三陸町立歌津中学校(阿部昭博校長)の3年生26人が6日、地元商店街「ハマーレ歌津」のPR動画を撮影した。生徒それぞれの視点から魅力を探り、地域活性化につながることを願って作業を進めた。
 三陸道延伸や新型コロナウイルス感染症の影響などで入り込みが減っている商店街の力になれば―と、総合的な学習の時間を活用して企画。6班に分かれ、タブレット端末を使って商店街内の店舗を回ったほか、敷地内の風景も収めた。
 監督、カメラ、出演者などに分かれ、商品紹介、地区の魅力に関するインタビューのほか、店の特徴をクイズ形式で紹介するなど、店舗の協力を得て撮影が行われた。
 この日に収録した映像は、タブレット内の編集アプリを使って編集し、8日には班ごとに完成作品を発表し合う。ユーチューブへの投稿も考えている。
 「友人2人旅」の設定で撮影を進めた畠山煌世さん(15)は「撮影する方向、角度、見栄えなど考えながら収録。難しかったけど、順調に進められた。自分たちが作った動画が、ハマーレや地域の魅力発信につながったらうれしい」と話した。
 同商店街の牧野隆明会長(58)は「地域のことを思って行動してくれる子供たちは頼もしく、自分たち大人も負けてられないと刺激になった」と感謝した。