気仙沼の天気を確認2021年10月26日(火)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

小泉幼稚園児が志津川魚市場見学

競りの様子を見学する園児たち
競りの様子を見学する園児たち

小泉幼稚園児が志津川魚市場見学

 気仙沼市立小泉幼稚園(木村恵美子園長)の全園児18人が8日、南三陸町地方卸売市場(志津川魚市場)で競りの様子を見学し、魚介類、海の仕事について学んだ。
 身近な海や食べ物、仕事について学ぶ海洋教育の一環。園児たちは、職員の案内で水揚げ、競りを行う場所などを巡った後、昼食では同町の特産であるタコを使った唐揚げとかまぼこを味わった。
 午後には、水揚げされたマダコやアナゴ、ヒラメなどが競りに掛けられる様子を見学。独特な言葉で次々と取引されるのを興味津々の様子で眺め、終了後には競り人から「1は『ピン』と言う」「競りの結果確認のためにカメラを頭に付けている」などと教わった。
 年長の千葉陽向君は「近くで見たタコは怖かったけど、食べてみるとおいしかった。魚市場はいろいろなものがあって面白かった」と喜んだ。