気仙沼の天気を確認2021年10月26日(火)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

ジャンボサツマイモに子供たちビックリ

巨大サツマイモを持つ児童
巨大サツマイモを持つ児童

ジャンボサツマイモに子供たちビックリ

 気仙沼市要害の小野寺昭子さんが、重さが2キロを超えるビッグなツマイモを収穫した。8日、大島児童館で披露され、子供たちは「こんな大きなサツマイモは見たことがない」とびっくり。
長さが30センチほどあり、児童の顔よりも大きい 子供たちは、サツマイモを持ち上げると「重ーい」「100キロくらいありそう」と大喜びしていた。
 5月に苗を植え、今月3日に掘り起こしたところ、2・6キロと2・4キロのサツマイモが出てきた。「夏場に厳しい暑さが続いた時、こまめに水をやったよかったのかも」と小野寺さん。
 種類はハロウィーンスイート。果肉がオレンジ色で、カボチャのような味がする。子供たちにごちそうしたかったが、新型コロナウイルスの感染防止のため断念。小野寺さんがスイートポテト、焼き芋にして食べることにしている。