気仙沼の天気を確認2021年12月07日(火)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

けせんぬま岩井崎 盛況 荒磯まつり

人気を集めた焼きガキの無料試食
人気を集めた焼きガキの無料試食

けせんぬま岩井崎 盛況 荒磯まつり

 気仙沼市階上地区の海産物などを販売する「けせんぬま岩井崎荒磯まつり」が23日、市内波路上瀬向地内の特別会場で開かれた。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていることで2年ぶりに対面販売、焼きガキの無料試食などを再開し、多くの来場者でにぎわった。
 一昨年、東日本大震災前の「けせんぬま岩井崎プロムナード荒磯まつり」から名称変更して再開したイベント。この日は、午前9時の開始前から多くの市民らが訪れ、新型コロナ対策の受付を済ませて開始を待った。
 開会式前には、岩井崎明戸虎舞保存会が「呼び太鼓」を披露した。会場にはむき・殻付きカキ、ワカメ、煮タコ、塩ウニのほか、復旧農地で栽培している「南三陸ねぎ」など地区自慢の農・海産物が並び、来場者はお目当てを次々と購入。飲食スペースでホタテの浜焼き、カキご飯、カキ汁などを味わう姿も見られた。
 漁協青年部による焼きガキの無料試食もあり、長蛇の列を作った来場者に熱々を提供して喜ばせた。岩手県一関市から訪れた60代の夫婦は「海産物をたっぷり味わい、購入できる気仙沼ならではのイベントなので満喫できた」などと話した。