気仙沼の天気を確認2022年01月21日(金)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

気仙沼出身の坪井選手(山梨学院大)箱根期待

箱根駅伝に向け意気込む坪井選手(本人提供)
箱根駅伝に向け意気込む坪井選手(本人提供)

気仙沼出身の坪井選手(山梨学院大)箱根期待

 新春の箱根駅伝(来年1月2、3日)に出場する山梨学院大のメンバーに、気仙沼市立面瀬中学校出身の4年坪井海門選手(22)が入った。前回は補欠で出走がかなわず、今回が最初で最後のチャンス。夢の箱根路を前に「自分の走りで地元に元気を届けたい」と意気込む。
 坪井選手は明成高校(現・仙台大明成)で本格的に陸上競技を始め、3年生の全国高校駅伝県予選で1区区間賞をとるなど実績を残し、名門・山梨学院大に進んだ。
 過去に総合優勝の実績がある同大学は、今年10月の予選会を4位で通過し、2大会連続の本選出場を決めた。坪井選手はチーム8番目の記録で貢献した。
 前回大会でも16人のメンバーに選ばれたものの、10人の出走メンバーには入れず、苦い思いを味わった。それだけに「前回走れなかった悔しさの分も、今回こそは必ず出場したい」と、ラストチャンスにかける思いは強い。
 この1年、課題だった長距離のペース維持を克服。秋には1万メートルの自己ベストを更新するなど、状態は上向きだ。
 チームの目標はシード権獲得、個人では区間1桁台の順位。坪井選手は「チームに貢献できるよう、残り数日、本番を強く意識しながら練習に臨みたい」と話した。
 29日に区間エントリーが行われる。当日のメンバー変更が可能なため、各区間の走者は当日朝に確定する。