気仙沼の天気を確認2022年01月20日(木)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

気仙沼流通市場 威勢よく初競り

流通市場の初競り
流通市場の初競り

気仙沼流通市場 威勢よく初競り

 気仙沼市田中前、流通市場(菅原一也社長)が5日から業務を開始した。初競りに集まった買い受け人と、市場担当者が威勢の良い声を響かせながら地物の野菜などを活発に取引した。
 菅原社長が社員と買い受け人を前に「あせらずおごらず、明るくさわやかな会社を目指して精進したい」とあいさつ。売り上げが東日本大震災前の半分ほどに落ち込んでいるとして「経営を安定させたい」とも語った。
 午前7時のベルと同時に競りがスタート。気仙沼産のイチゴや、ちぢみホウレンソウなどが並んだ構内で、担当者が買い受け人と独特の競り用語を交わしたり、指で値段を示したりして取引した。
 大島地区で土産品や日用品を販売している、買い受け人の菅原弘さん(67)は「モネ効果などで観光客が来ており、これからも伸びが期待できる。ただ、オミクロン株が心配。昨年のようにコロナが広まらないことを願いたい」と話した。