気仙沼の天気を確認2022年01月21日(金)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

南三陸町入谷に来月、コールセンター

コールセンターが開設される予定のホテル
コールセンターが開設される予定のホテル

南三陸町入谷に来月、コールセンター

 南三陸町入谷桜沢地内に来月、コールセンターが開設される。仙台市内の拠点センターからリモートで就業や業務管理をするサテライトセンターで、地域の雇用創出、新型コロナウイルス禍で広がったリモートワーク拡大の拠点となる。
 開設するのは、コールセンター事業でICT関連機器のサポート業務、市場調査などを行っているキュー・アンド・エー(川田哲男社長)=本社・東京都=。国内に12カ所2700席のコールセンターを運営している。
 南三陸町への開所は、地方での事業展開や、U、I、Jターンの動きが高まっている地方の雇用促進を図るため。復興支援として志津川高校でビジネスマナー研修を行ったりしたことなどから決めた。
 センターは東日本大震災の復興事業で、作業員らが利用していたビジネスホテル「アイルーム」を活用する。復興事業の減少で、昨年夏に閉館したホテル1階を改装。昨年末から配線や内装のリニューアルを行ってきた。
 勤務するのはオペレーター約30人で、電話受付やITサポート、システム、ソフトウエアの移行業務など。オペレーターは地元雇用することにしている。
 サテライトセンターは、仙台の拠点センターからリモートで業務を行う実証実験を兼ねている。オンラインツールを活用した新たな試みで、将来的は在宅ワークの推進につなげる考えもある。
 2月1日に開所式を行った後、稼働する予定。同社は「センターで培ったノウハウを、次世代の運用スタイルに生かしたい。地域に密着した雇用創出で、宮城や南三陸の地域活性化に貢献できれば」と話している。