気仙沼の天気を確認2022年05月22日(日)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

大型連休始まる

ウミネコと触れあうこともできた気仙沼ベイクルーズ 
ウミネコと触れあうこともできた気仙沼ベイクルーズ 

大型連休始まる

 ゴールデンウィークが、29日から始まった。3年ぶりに新型コロナウイルスによる行動制限がない大型連休とあって、気仙沼市や南三陸町の観光施設や飲食店がにぎわった。
 気仙沼市の大島汽船はこの日から気仙沼ベイクルーズを運航。内湾と浦の浜の2カ所を発着し、大島瀬戸までを周遊するコースに、県内外の家族連れが乗り込み、ウミネコにエサをあげたり、洋上からの景色を楽しんだりしていた。
 内湾からは、おかえりモネに登場した「ファンタジー号」が運航。朝ドラの雰囲気を味わう人や御船印を求める姿が見られた。横浜市の会社員
(36)は「復興が進んだ様子を見られ、楽しかった。すしも味わって帰りたい」と話した。