気仙沼の天気を確認2022年05月22日(日)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

季節外れの雪

山間部は数センチの積雪(気仙沼市廿一地区)
山間部は数センチの積雪(気仙沼市廿一地区)

季節外れの雪

 上空に寒気が入り込んだ29日夜、気仙沼・本吉地方では山間部を中心に季節外れの雪が降り、30日早朝には沿岸部でも遅咲きのサクラや庭先の草花などの上に雪の上にうっすらと積もった。
 29日午後から降り出した雨は、夜にみぞれから雪へと変わった。市内廿一地区では、30日明け方までに数センチの積雪となり、野山や田畑を白くした。
 すでに見ごろを終え、新緑に衣替えしようとしているヤマザクラとの共演も見られたが、日中は気温が上がり、つかの間の雪化粧に終わった。
 仙台管区気象台によると、29日夜の最低気温は気仙沼市、南三陸町とも0・2度と3月下旬並みの冷え込みとなった。きょう1日は、曇り後雨となるが、3日以降は晴れの日が続き、ゴールデンウイーク後半は行楽日和となりそうだ。