気仙沼の天気を確認2022年05月22日(日)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

菅原気仙沼市長が4期目始動 

就任のあいさつに耳を傾ける市職員
就任のあいさつに耳を傾ける市職員

菅原気仙沼市長が4期目始動 

 気仙沼市長選で無投票での4選を果たした菅原茂市長が2日、4期目の任期をスタートさせた。市役所ワン・テン庁舎で行われた就任式では、東日本大震災からの復興完遂、新型コロナ対策、人口減少問題などに引き続き先頭に立って取り組む決意を示した。
 職員に拍手で迎えられ、就任のあいさつをした菅原市長は開口一番、「これから4年間、職員の皆さんと一緒に、市民のためにまちづくりを引き続き行っていく」と語った。
 喫緊の課題の新型コロナワクチン接種の早期完了と、「傷んだ市内経済」の再生を強調。県や国の新しい施策、交付金を最大限活用して経済対策を実施する―とした。
 最大の課題である人口減少問題については、「一つの政策で大きな展開を見せるような課題ではない。中長期的にあらゆる手を打ち、減少を緩和させることが必要だ。市民が生活の豊かさを実感し、まちを誇りに思い、希望を持って夢を実現させるまちづくりは必ずできる」と語り、行政のスリム化、デジタル化などに職員のさらなる協力を求めた。
 菅原市長の任期は4月30日から4年間。