気仙沼の天気を確認2022年05月23日(月)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

神戸の柳瀨さんを地域おこし協力隊に委嘱

委嘱状を受け取った柳瀨さん
委嘱状を受け取った柳瀨さん

神戸の柳瀨さんを地域おこし協力隊に委嘱

 気仙沼市は2日、新たな地域おこし協力隊に、追手門学院大学4年の柳瀨彩花さん(22)=兵庫県神戸市=を委嘱した。柳瀨さんはまち大学運営協議会に所属し、交流拠点「スクエアシップ」の運営などに携わる。
 柳瀨さんは、大学で住環境について研究しており、気仙沼には昨年度、研究活動の一環で来市している。災害公営住宅や、周辺のコミュニティー活動などを調査した際に気仙沼に魅力を感じて、協力隊に応募した。
 任期は本年度内。市内のシェアハウスで生活しながら、まち大学協議会が進めている学びの場づくりや、スポーツツーリズムの誘致などにも取り組んでいく予定で、大学の授業と並行しての活動となる。
 新型コロナウイルスの影響により、授業がオンライン中心となっている中で、地元の社会福祉協議会と連携しながら、地域のお茶飲み場を設けたり、高齢者サロンでスマートフォン講座を開催するなど、コミュニティーづくりにも率先して行っている。
 この日、市役所で委嘱状の交付式が行われた。菅原茂市長から委嘱状を受け取った柳瀨さんは「市民と移住者の交流などにも役立ちたい。気仙沼の魅力を広く発信して、住みたいと思えるまちづくりに力になれれば」と話した。