気仙沼の天気を確認2022年05月23日(月)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

「潮騒まつり」にぎわう

海鮮焼きなどの店がずらり
海鮮焼きなどの店がずらり

「潮騒まつり」にぎわう

 南三陸町の「潮騒まつり」が3日、南三陸町戸倉の神割崎キャンプ場で始まった。青空の下、磯の香りが漂う会場に大勢の観光客らが足を運び、新鮮な海の幸などを堪能している。5日まで。
 新型コロナウイルスの影響で中止が続いており、2019年以来3年ぶりの開催。町内や石巻市などの生産者による店が軒を連ねた。
 地場産のホヤやホタテ、ワカメなどの海産物のほか、ホタテ汁や海鮮串焼き、焼きそば、漬物などを販売する店がずらりと並び、来場者が列をつくった。くじ引きやダーツのコーナーもあり、親子連れらでにぎわっていた。
 家族7人で訪れた登米市の会社員の男性(51)は「久しぶりの開催と聞いて来た。天気もよく、いろんな食べ物が楽しめて最高」と、近くの芝生に腰を下ろし、舌鼓を打っていた。
 入場無料で、午前10時から午後2時まで。新型コロナ感染拡大防止のため、来場者には名前と連絡先を記入する受付票の提出へ協力を求めている。