気仙沼の天気を確認2022年05月22日(日)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

唐桑オルレコース発着点にレンタサイクル

唐桑半島でレンタルできる電動自転車
唐桑半島でレンタルできる電動自転車

唐桑オルレコース発着点にレンタサイクル

 唐桑の観光をより快適に楽しんでもらいたい―と、気仙沼市観光協会唐桑支部(三上忠文支部長)は、観光客らに自転車を貸し出す「レンタサイクル」を始めた。宮城オルレ気仙沼・唐桑コースの発着点に電動自転車を置き、オルレなどの観光促進につなげていく。
 四季折々の花や生き物、景勝地などが楽しめるオルレコースだが、ゴールの半造レストハウス前からスタート地点の唐桑半島ビジターセンター前へ戻る際の足の確保を求める声があった。ゴールから最寄りのバス停までは約1・2キロ(徒歩約20分)。バスの本数も少ないため、移動手段の一つとして新たに自転車を導入した。
 市が、県の「みやぎ環境交付金」を活用し、電動アシスト付き自転車計10台と、充電機能のある自転車置き場を整備。同支部が運営・管理している。
 利用時は乗り場で申請する。料金は2時間まで500円、1日利用は1500円。貸出時間はビジターセンターが午前9時~午後5時、半造レストハウスは午前9時30分~午後3時で、どちらに返却してもよい。乗り捨てする場合は事前に窓口で申し出る。
 貸し出しは1日にスタートし、ゴールデンウイーク中にすでに10人が利用。同支部は「アップダウンのきつい唐桑の道でも電動自転車なので、移動しやすい。これを機にオルレだけでなく、唐桑の観光を多くの人に楽しんでいただけたら」と話している。
 毎週火曜日は休業。問い合わせは同支部(電話32・3029)へ。