気仙沼の天気を確認2022年06月28日(火)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

カツオゆうパック全国に発送

発送が始まった「かつおタタキ」のゆうパック
発送が始まった「かつおタタキ」のゆうパック

カツオゆうパック全国に発送

 気仙沼郵便局(塚本道明局長)の「生かつおタタキゆうパック」の発送が始まった。気仙沼港で水揚げされた鮮カツオを、その日のうちに加工して発送する同局自慢の商品。20日に出発式が行われ、第1便となる300セットが全国の食卓に向けて送り出された。
 阿部長商店(阿部泰浩社長)が商品提供者となって2014年から続けており、9年目。今年は5月12日から申し込みを受け付けており、これまでに寄せられた注文は1400セットを超えている。
 2900~3900円の全5種類(送料、税込み)で、あぶりメカジキなどとのセットもある。主に贈り物用で、届け先の8割は東北6県だが、関西、九州方面への発送もあるという。
 毎年、カツオの水揚げ状況に応じて6月20日以降に発送を開始しており、「今年は水揚げが安定していることから、最短スケジュールで発送できた」と阿部長関係者。今年は、昨年実績(約5000セット)を上回る5500~6000セットの発送を目標にしている。
 この日は、市内港町「お魚いちば」で第1便の出発式が行われた。阿部社長が第1便となるトラックのドライバーに商品を引き渡し、塚本局長や菅原茂市長らとテープカットして見送った。
 塚本局長は「来月には気仙沼で全国カツオサミットが開かれる。その前に全国の食卓でタタキを味わい、気仙沼に関心を寄せるきっかけにしてもらいたい」と話した。このゆうパックの申し込みは、8月31日まで受け付ける。