気仙沼の天気を確認2022年06月29日(水)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

参院選期日前投票始まる

一票を投じる有権者(ワン・テン庁舎)
一票を投じる有権者(ワン・テン庁舎)

参院選期日前投票始まる

 22日に公示された参院選(来月10日投開票)の期日前投票が23日、気仙沼、南三陸両市町でも始まった。初日から投票する人の姿が見られ、市民生活に影響が出ている物価高対策、コロナ禍からの経済回復などに向けた国の取り組みに期待を込め、意中の候補者や政党に一票を投じた。
 気仙沼市では市役所ワン・テン庁舎を会場に午前8時30分から開始。訪れた有権者が宮城選挙区、比例代表の各投票用紙を受け取り、投票を済ませた。
 一番乗りで投票した市内田尻沢の男性は「食料品などの価格が上がり、われわれのような年金生活者には苦しい状況が続く。暮らしが良くなるよう、国会議員には国民の声をもっと聞いて仕事をしてほしい」と語った。
 市選挙管理委員会によると、前回(2019年)参院選の期日前投票者数は、16日間で8504人(選挙区)。全投票者数の3割を占めた。選挙区における全体投票率は48・81%で、半数以上が棄権した。
 選管担当者は「入場券は今週中にも全世帯に届く予定。若い世代を含めて、大切な一票をぜひ行使してほしい」と呼び掛けている。
 市選管では、投票率アップに向けて、4月の市議選で導入した市内の協力店で割引などが受けられる投票済証を、今選挙でも各投票所で発行。来月2日午後3時からは、イオン気仙沼店などで街頭啓発を行い、投票をPRすることにしている。
 市内の期日前投票所は、市役所ワン・テン庁舎のほか、来月2日からは唐桑、本吉各総合支所、階上出張所、同5日からは大島出張所にそれぞれ開設。投票日前日の9日まで行われる。時間は午前8時30分から午後7時(ワン・テン庁舎は午後8時)まで。