気仙沼の天気を確認2022年08月17日(水)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

ウクライナのナターシャさんがコンサート

バンドゥーラで弾き語りするナターシャさん
バンドゥーラで弾き語りするナターシャさん

ウクライナのナターシャさんがコンサート

ウクライナの民族楽器・バンドゥーラの弾き語り歌手として日本で活動するナターシャ・グジーさんのコンサートが16日、気仙沼市民会館で開かれた。ロシアの軍事侵攻に苦しむウクライナの支援を目的に企画されたチャリティーツアーの一環。多くの市民が来場し、ウクライナ民謡などをじっくり聴きながら同国に心を寄せた。
 来日20年が過ぎウクライナの歌姫として親しまれるナターシャさん。63弦から成るバンドゥーラを巧みに奏でながら、ウクライナ民謡をモチーフにしたオリジナル曲「踊る娘」や、アニメ映画主題歌「いつも何度でも」、さだまさしさんの「防人の詩」「秋桜」など9曲を披露した。
 チェンバロのように華やかで繊細なバンドゥーラの音色と、ナターシャさんの澄んだ歌声が響き渡り、聴衆の琴線を揺さぶった。
 ナターシャさんは6歳の時、一家で暮らしていたチョルノービリ(チェルノブイリ)で原発事故が発生して被ばくし、キーウ(キエフ)に移住した。それだけに東日本大震災の被災地に寄り添う気持ちが強く、公演中のトークでは「気仙沼の美しいまちが津波で失われた時はショックだったが、復興が進んでよかった」と語った。
 その上で、戦禍にある祖国について「ウクライナも気仙沼のように復興すると信じている。皆さんにも音楽や文化などを通してウクライナを好きになってもらい、応援してほしい」と呼び掛けた。
 今回のツアーは、全国47都道府県を回るもので、宮城公演は気仙沼だけ。収益金はウクライナ大使館を通して同国に届けられる。