気仙沼の天気を確認2022年08月17日(水)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

イオンに食品ポスト

イオン気仙沼店内に設置されたフードポスト
イオン気仙沼店内に設置されたフードポスト

イオンに食品ポスト

 家庭で余るなどした食品を受け付けるフードポストが、イオン気仙沼店(平井昇店長)に設置された。店内に置かれた無人スポットで、開店中ならいつでも食品を持ち寄れる。
 食品を集め、必要とする団体に提供しているフードバンク気仙沼(遠藤明白代表)が設置するポスト。これまでに旧新月公民館にある事務所、市役所本庁舎玄関、市社会福祉協議会に置かれており、イオン気仙沼店が4カ所目。商業施設としては初めてとなった。
 イオンでは、フードロスの削減、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを行っており、目的が重なるフードバンクの活動に賛同。のぼり旗を立てた1階サービスカウンター近くに、食品を受け入れるコンテナ二つを置いた。
 フードポストに寄付できるのは、缶詰やレトルト食品、カップ麺、調味料などで、生鮮食品や賞味期限が過ぎたものは受け付けない。
 週1回のペースでフードバンクの関係者が回収。集めた食品は検品後、市の委託を受けて生活困窮者の自立支援などを担う「ひありんく気仙沼」、子ども食堂を行っている団体に提供する。
 同店の小玉知子衣料課長は「広告でも周知し、フードロスの削減につながるよう活動に協力したい」、フードバンクの遠藤代表は「集客力のある施設の協力はありがたい。たくさんの人に活動を知ってもらうきっかけになれば」と話している。