気仙沼の天気を確認2022年08月12日(金)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

口元に第三のはさみがあるカニ

口元にもはさみがあるカニ 
口元にもはさみがあるカニ 

口元に第三のはさみがあるカニ

  気仙沼魚市場に水揚げされた毛ガニの中から、口元に第3のはさみがある不思議なカニが見つかった。
 三陸沖のかご漁で漁獲され、13日に水揚げされた34匹のうちの1匹。落札した市内の鮮魚店が仕分け中に気付いた。
 毛ガニなどには、口の周りにも脚が3対ある。その中の一つがはさみに変異してできたようだ。
  図鑑などによると「自切」という生態が関わっているようだ。カニは外敵に襲われた際、トカゲのしっぽ切りと同様に自身の脚を切り離して逃げる。
 失った脚は再生するが、このカニはその過程で何らかの変異が生じた可能性がある。三つ目のはさみは店頭に並ぶ前に取れたが、買い受け人は「こんなカニは初めて」と驚くばかり。通常より多めのピースサインに「幸福の使者では」と期待が膨らんだ。
口の周りの脚にはさみがあるカニ