気仙沼の天気を確認2022年08月17日(水)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

大島汽船が体験クルーズ楽しむ

ウミネコに餌をやる参加者
ウミネコに餌をやる参加者

大島汽船が体験クルーズ楽しむ

 気仙沼市の大島汽船(千葉洋明社長)の遊覧船「ファンタジー」で気仙沼湾を巡る体験クルーズが24日、行われた。親子約150人が、夏の海風を浴びながら洋上からの景色を楽しんだ。
 東北海事広報協会の「海の日・海の月間関連行事広報事業」として企画。南町海岸の遊覧船乗り場を出航し、大島瀬戸を通る往復約50分のコースを巡った。
 船内では、間もなく漁期を迎える大型サンマ船や気仙沼魚市場などの説明があったほか、気仙沼湾横断橋、大島大橋の下からの眺めを楽しんだ。船内では気仙沼ジュニアバイオリンクラブの子供たちによる演奏発表もあった。
 夏休み最初の日曜日となったこの日は好天に恵まれ、子供たちは船と並んで飛ぶウミネコに餌をやるなど船旅を満喫。乗船した津谷小の児童(11)は「港に並ぶ漁船とか、普段とは違った景色を見られて楽しかった。またいつか乗ってみたい」と話した。