気仙沼の天気を確認2022年08月12日(金)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

乾物を自由にブレンドできる「ふりかけ職人」

7種類の乾物がセットになったふりかけ職人
7種類の乾物がセットになったふりかけ職人

乾物を自由にブレンドできる「ふりかけ職人」

 気仙沼市東新城の乾物店「山長小野寺商店」(小野寺初夫代表)が、手軽にふりかけが作れる新商品「ふりかけ職人」を発売した。素材を自由にブレンドしてオリジナルの味ができ、コロナ禍のおうち時間を使って楽しむのも良さそうだ。
 ふりかけ職人は、三陸産のかつお節、乾燥オキアミ、カットワカメなど、7種類の無添加の乾物を小分けにして詰め合わせ、セットになっているミニすり鉢とすりこぎですりつぶし、混ぜ合わせるだけで完成する。
 1袋で約6回分の量があるが、素材の組み合わせ方は何通りにもなり、手間をかけずに自分だけのオリジナルふりかけが作れる。
 同店は、若い人たちに乾物に目を向けてもらおう―と、店舗内のスペースを使ってふりかけ作りのワークショップを行ってきた。
 素材の味を感じることができる企画が好評で、気仙沼ビジネスサポートセンターのアドバイスを基に自宅でできないかと考えた。
 材料がなくなれば、市販の乾物を使ってふりかけが作れる。同店の小野寺由美子さん(57)は「素材の味を感じながら、自宅で楽しい時間を過ごしてほしい」と話している。
 価格はすり鉢セット付きが800円(税込み)、なしの場合は650円(同)。初期生産分は限定30個で、増産も検討している。