気仙沼の天気を確認2022年08月12日(金)

購読のお申込
株式会社 三陸新報
株式会社 三陸新報

南三陸町が町民をモデルに移住PRの漫画制作

町への移住をPRする漫画を制作した
町への移住をPRする漫画を制作した

南三陸町が町民をモデルに移住PRの漫画制作

 南三陸町移住・定住支援センターは、町への移住をPRする漫画を初めて制作した。主人公の若い女性が、温かく迎えてくれる地域住民、生き生きと暮らす先輩移住者らの姿に心引かれ、自身も一歩を踏み出すストーリーとなっている。
 タイトルは「拝啓 移住する前の私へ」で、B5版カラーの48ページ。ストーリーは同センターのスタッフが移住者の声などを基に書き上げ、福島県の漫画家に執筆を依頼。主人公は架空の人物だが、町民や先輩移住者は実際の人物がモデルとなっている。
 漫画は都会で働く主人公が町を訪れ、東日本大震災から復興へと進む町民、自然や人の魅力を感じながら暮らす移住者の声を聞くところから始まる。移住に魅力と、「自分にできることがあるか」との不安の両方を感じるが、町民と移住者が一緒に新しいまちをつくっていこうとしている風土に引かれ、移住を決断する内容となっている。
 1千部を制作し、町役場、町内の観光関連施設、東京都の移住相談機関「ふるさと回帰支援センター」などに置いているほか、希望者には町移住・定住支援センターで配布する。
 同センターは「若い人たちに広く読んでもらいたい。町民の温かさ、先輩移住者の暮らしを知って移住に魅力を感じていただき、不安をなくすこともにつながれば」と話している。問い合わせは同センター(電話25・9552)へ。