株式会社三陸新報社 宮城県気仙沼市松崎柳沢228−100 TEL0226-22-6700(代) FAX0226-23-6100
【バナー】 新聞オンライン

トップ ニュース スポーツ 会社概要 広告案内 出版案内 購読案内 プリント案内 お問合せ リンク  

TOPニュース > 母校・馬籠小へ思い歌に込め 卒業生の三浦さんが楽曲生作(3/2付)
2017年03月23日 10:00記事更新
 
母校・馬籠小へ思い歌に込め 卒業生の三浦さんが楽曲生作 (3/2付)
子供たちと一緒に歌う三浦さん(右)
 3月末で閉校する気仙沼市立馬籠小学校の卒業生で、仙台市を拠点に活動するジャズシンガー・三浦舞さん(36)が、母校への思いを込めた楽曲を制作した。27日に学校を訪れ、全校児童の歌声を収録。授業風景などに歌をのせたメモリアル映像として残す予定だ。
 三浦さんは1993年3月に同校を卒業した。閉校してしまう母校の思い出を残そうと作った曲名は「じゃあね、またね」。「桜の咲くころに、じゃあねまたね ランチルームで給食食べよう」など、好きだった学校の光景を詞で表現し、温かいジャズ調の曲にのせた。
 曲を収めた映像は、19日の閉校式や校庭のサクラが満開となる様子を加え、ネット上で公開することを検討している。
<<前の記事へ
次の記事へ>>



過去号外新聞


気仙沼市の天気
【バナー】 気仙沼の天気





HOME ▲上に 戻る
| 会社概要 | 広告案内 | 出版案内 | 購読案内プリント案内 |
Capyright(C)sanriku sihmposya 2002.All Rights Reserved
このホームページ内の記事・写真・その他の著作権は株式会社三陸新報社にあります。許可なく転載・複写はお断りいたします。