株式会社三陸新報社 宮城県気仙沼市松崎柳沢228−100 TEL0226-22-6700(代) FAX0226-23-6100
【バナー】 新聞オンライン

トップ ニュース スポーツ 会社概要 広告案内 出版案内 購読案内 プリント案内 お問合せ リンク  

TOPニュース > ヒガンバナ見頃に 気仙沼市の宝鏡寺(9/20付)
2017年10月20日 10:00記事更新
 
ヒガンバナ見頃に 気仙沼市の宝鏡寺 (9/20付)
見頃を迎えたヒガンバナ
 きょう20日は「彼岸の入り」。気仙沼市川原崎の宝鏡寺(菊地秀道住職)では、楼門近くに植えられたヒガンバナが見頃を迎え、秋の深まりを告げている。
 数百株のヒガンバナは、地域の住民有志が長年にわたって植えてきた。例年、彼岸の入りに合わせて見頃を迎えており、近所の人たちも散歩に訪れては「深紅のじゅうたん」に見入っている。
 同寺の関係者によると、見頃は「彼岸明け」の26日ごろまで続くという。
<<前の記事へ
次の記事へ>>



過去号外新聞


気仙沼市の天気
【バナー】 気仙沼の天気





HOME ▲上に 戻る
| 会社概要 | 広告案内 | 出版案内 | 購読案内プリント案内 |
Capyright(C)sanriku sihmposya 2002.All Rights Reserved
このホームページ内の記事・写真・その他の著作権は株式会社三陸新報社にあります。許可なく転載・複写はお断りいたします。