株式会社三陸新報社 宮城県気仙沼市松崎柳沢228−100 TEL0226-22-6700(代) FAX0226-23-6100
【バナー】 新聞オンライン

トップ ニュース スポーツ 会社概要 広告案内 出版案内 購読案内 プリント案内 お問合せ リンク  

TOPニュース > エイの赤ちゃん誕生 宮城県漁協唐桑支所の海産物センターで飼育(11/28付)
2017年12月10日 10:00記事更新
 
エイの赤ちゃん誕生 宮城県漁協唐桑支所の海産物センターで飼育 (11/28付)
稚魚は時々ひれを動かすが水槽の底で動かないことが多い
 気仙沼市唐桑町鮪立の県漁協唐桑支所海産物出荷センターでエイの赤ちゃんが生まれ、話題になっている。 
 稚魚は「カスベ」と呼ばれるガンギエイの一種とみられる。9月中旬ごろ、松圃の男性漁業者がタコ籠漁の最中に四角形の卵を発見して持ち込んだ。
 卵の中では稚魚が動く様子が確認できて順調に成長。16日ごろに稚魚が誕生し、今は体長は15センチほどになった。
<<前の記事へ
次の記事へ>>



過去号外新聞



気仙沼市の天気
【バナー】 気仙沼の天気





HOME ▲上に 戻る
| 会社概要 | 広告案内 | 出版案内 | 購読案内プリント案内 |
Capyright(C)sanriku sihmposya 2002.All Rights Reserved
このホームページ内の記事・写真・その他の著作権は株式会社三陸新報社にあります。許可なく転載・複写はお断りいたします。