株式会社三陸新報社 宮城県気仙沼市松崎柳沢228−100 TEL0226-22-6700(代) FAX0226-23-6100
【バナー】 新聞オンライン

トップ ニュース スポーツ 会社概要 広告案内 出版案内 購読案内 プリント案内 お問合せ リンク  

TOPスポーツ > 多くの支援で貴重な経験 気仙沼市の大島中野球部が離島甲子園出場を報告(9/9付)
2017年10月20日 10:00記事更新
 
多くの支援で貴重な経験 気仙沼市の大島中野球部が離島甲子園出場を報告 (9/9付)
離島甲子園への出場を報告する大島中の生徒
 8月21日から5日間にわたって沖縄県石垣島で開かれた、全国離島交流中学生野球大会(離島甲子園)出場した大島中学校野球部の生徒たちが7日、気仙沼市役所を訪問。多くの支援で出場でき、貴重な経験を積めたことを菅原茂市長に報告した。
 気仙沼大島大橋の供用によって今後出場資格を失うため、今回が最後の機会だった大島中は、島内外からの寄付や市の補助を受けて3年ぶりに出場。本戦では初戦で敗れたものの、交流戦で1勝を挙げ、全国から集まった「離島球児」と友情を育んだ。
 小野寺将紀部長が「多方面からの支えで出場でき、野球ができたことを実感した。本戦を勝ち進むことはできなかったが、チームで力を合わせて1勝することができた」と感謝した。
 菅原市長は「1勝を挙げたこと、全国の同じ境遇の選手たちと交流を深めたことを自信と誇りにし、これからの学校生活に生かしてほしい。みなさんの成長が、支えてくれた人たちへの恩返しになる」と語った。
<<前の記事へ
次の記事へ>>



過去号外新聞


気仙沼市の天気
【バナー】 気仙沼の天気





HOME ▲上に 戻る
| 会社概要 | 広告案内 | 出版案内 | 購読案内プリント案内 |
Capyright(C)sanriku sihmposya 2002.All Rights Reserved
このホームページ内の記事・写真・その他の著作権は株式会社三陸新報社にあります。許可なく転載・複写はお断りいたします。